スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバゲーベイスターズ?


開発ネタのない横浜で、今ネットを騒がしてる横浜関連と言えば、TBSによる横浜ベイスターズ球団の売却話し。

売却先はモバゲーことディーエヌエーで決まりとの報道も複数行われています。

私個人的な見解ですが、正直名前がダサいとか呼びずらいとかはどうでもよく、重要なのは横浜の地で地域に密着した球団経営を一生懸命にやる気があるかどうかだと考えます。


その観点で調べてみたらディーエヌエーは怪しい噂話ばかり。

まずはディーエヌエーの創業者は郷土愛の強い新潟出身者で、故郷に錦を飾るべく新潟に球団を誘致するのが夢みたいです。

早ければ再来年にも新潟移転の噂があります。

ここで気に入らないのがTBS!当然に「新潟移転もありうるかも?」と知りながらの売却。
それと依然として歩み寄りが渋いスタジアム側。


本当最悪ですね。


街の発展における球団の存在は非常に大きいと考えます。
メディアへの露出による知名度的な問題、球場に訪れる人達の経済効果(交通費・球場での購買・球場周辺飲食・宿泊)など多々に渡ります。


とまぁ、既に移転したかのごとく仮定で書いてしまいましたが、ディーエヌエーの移転希望は現実らしいです。

もし再来年に移転をしてしまった時のTBSの罪は重罪ですね!
地元企業集団が手をあげているにもかかわらず、怪しいディーエヌエーへの売却をしたわけですからね!


ディーエヌエーが新潟移転を目論んでいる、と仮定しディーエヌエーへの売却を阻止する可能性への望みとしましては、オーナー会議があります。

何でもオーナー会議にて12球団のオーナーの4分の3の合意を取り付けることが承認の条件とか。

噂では同じIT系のソフトバンクや楽天が難色をしめしているとか。

どうせなら一度白紙に戻し、地元企業集団への売却となれば安心なんですがね。

てか、大人し過ぎると言うか感心が無いのか?静か過ぎる地元民や地元企業商工会議所に疑問です。

まだ移転が決まったわけではないので騒がないのかもしれませんがね。



大昔、東急電鉄が子会社だった小田急を使い相鉄を完全子会社化しようと仕掛けた歴史があります。

その時「我が街の鉄道会社を守れ!」と、阻止しようと立ち上がり音頭を取ったのが、横浜市民であった三井銀行の頭取。
今では常識破りの公私混同(笑) 相鉄側に多額の融資を行い買収を逃れたと言う出来事がありました。

今回もヒーローが現れてくれるといいのですがね。



最悪の場合、移転が決まったとして、空いた横浜にヤクルトが来る、ってなパターンはないかな?

ヤクルトって、神宮球場の使用優先順位に不満がたまっていますよね。

プロを待たせ6大学を優先するみたいだし。



今回はズラズラと感情論と妄想ばかりを書きまくりました。

気を悪くされた方がいたらご容赦を。。。
スポンサーサイト

コメント

§

DeNAに売っちゃうTBSも問題ですが、使用料が高額な癖に歩み寄る気がないスタジアムが一番の問題な気がします。去年もそれが理由でリクシルがダメでしたし・・・。
それなのに横浜市はスタジアムの問題には言及せず、移転反対の立場だけは堅持というのが市民としてはなんとも言えない気分になります。

§  

「空いた横浜にヤクルトが来る」
ちょっと真面目に読んでしまっていたのですが、やっぱり妄想なのですね。
横浜は横浜としての発展を、本心では無関心のプロ野球については切り離して考えて頂いた方が良いかと思います。

私個人的には、横浜はお洒落な街だと思っているので、イメージの違うプロ野球にはあまり近づいて欲しくはないのですが。

§ 私も

そのスタジアムの使用権や物品の販売にたいするスタジアム側の利権について少し疑問に感じております その詳しい内容については新聞等での話ししか知りませんが 詳しいこと知りたいですし 建設から30年?のスタジアムがまだその費用の回収が出来てないとも思えないし どうなのか知りたいですね 実は裏に大きな利権で儲けた者がいるのではないかと・・・

§

マスコミの論調も偏っているかもしれませんし、流されず、実情は自ら情報をしっかり取捨選択していきたいものですね。本質的にはチームが過去数年低迷したのは横浜という地域に根差した経営をしてきたのか、チームが強くなるような施策を効果的に打ち出せたのかといった「経営」の部分であって、球場云々は結果として言われている部分だと思います。ようするにどんなチームでも親会社の深い理解と本拠地への愛着があれば、自ずとチームをどのように強くするか、どのように地域に貢献するかといったアイデアや施策は沢山浮かんでくると思います。それが経営理念といったもので経営者の思想が反映されてくるものだと思います。

昨今、親会社の変更等々が言われていますが、「横浜ベイスターズ」というブランドに対する筆頭株主の交代なのですから、一ファンとしてはチーム名に企業名や商品名が入ってくることに違和感を覚えます。あくまで「横浜」の「ベイスターズ」を応援してきたわけですし、ファンとしてはベイスターズと私たちの故郷横浜は同義語として捉えてきました。ですから企業の宣伝広告としての機能が全面に出されたチームにはなってほしくないですし、いままでどおり、あるいはさらに横浜と一体化したチームになる意志をもっと表明してほしいというのが率直な感想ですね。

既成球団であれば、強かろうが弱かろうが、どの球団にも、本拠地、地域社会、ファン、地域経済への浸透といったものがあります。それを深化させるのが出資企業の役割の一つだと思いますから。かりに筆頭株主が交代しても、本拠地を移転させるような不安をファンに与えないような十分な配慮をしてほしいものと思います。

もし企業が他地域にプロ野球球団をつくりたいと考えるなら、それは新規に球団を新設しリーグに加盟するか、独自にリーグなどといった考え方もあるのでしょうから、既存ブランドである「横浜ベイスターズ」はいつまでも「横浜スタジアム」にというのが最も望まれる姿だと思います。

§

gamuさん、仰る通り横浜市の矛盾している発言に違和感を覚えます。
球団が及ぼす都市の魅力や経済効果重要性を一番理解している行政ですからかね。

§

¶amさん、ヤクルトの話しは、去年の住生活への売却問題でマスコミが騒いでいた時期に週刊誌で取り上げた内容です。
ヤクルト球団が神宮球場に対し不満が噴出しているのは事実らしく、ある日の選手どうしの話しで「もしベイスターズが横浜を離れるなら俺らが横浜へ行けばいい!」なる発言をしたらしい。
まあ選手の話しですから現実には遠い話しですがね。
本来は球団に頼らなくても街の活性化が可能ならそれに越したこてはないのでしょうが、今の横浜には厳しいかな?

§

yuさん、私も裏事情は知りませんが、少なくとも株主である横浜市が明確な発言力で妥協点を探る中心的役割を補ってくれれば良い方向に向くと思うのですがね。

§

ベイファンさん、TBSの場合、地域に根差すと言うよりは、企業としての収益第一主義の側面が強く感じる球団経営だったと感じざる得ませんでしたね。
法人であるいじょう赤字はいけませんが、地域と共にwinwinの関係のもと利益をあげていく、と言う素朴さにかけていたような?
やはり球団は地元企業に運営してもらうのが理想ですかね。

§

横浜ベイスターズのままにしておけば、ファンはすんなり受け入れられるものを、わざわざ商品名をネーミングに使おうとすれば、ファンは到底すんなりと受け入れることはできないと思います。

もし企業が商品名を名前にして、数年したら新潟へフランチャイズ移して、故郷に錦を飾るという構想をもつなら、自前で球団を創るべきだと思いますね。

§

きゅーとさん、まったくです。ベイスターズは唯一企業名が入らない球団でしたからね。
100歩譲って地元企業ならね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taska

Author:taska
高層ビル、開発、客船、夜景、写真、飲み会、犬が好きです。
知り合いからの話し他、噂話し程度の情報等も妄想を加え記事にします。
開発進捗等は、基本的に携帯からのアップロードで記事を掲載します。
誤字脱字、駄文での文章が多数のブログですがご容赦を(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。