スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曙町の商業施設



停滞まっしぐらの横浜です(笑)

全くと言って開発ネタはありません。

ニュースと言えば「横浜球団売却」とか・・・・・

何でもTBSとモバゲーことDeNA(ディー・エヌ・エー)との間で大筋合意とか。
なんだかね~

DeNAの2010年の年商は1127億円で、球団売却金額は100億円と報じられています。
おまけに毎年20億円の赤字です。大丈夫ですかね?





くらい話しはやめましょう。
今、期待して待っている話しと言えば、野村ビルの着工、三井ビルへの日立製作所入居発表、52街区の入札状況、旧モリモトのその後、北仲は?、市役所は?などなど・・・・


そんなMMですが、既に発表されている11-2街区では地質調査?らしき作業が度々見受けられます。


観覧車横にあった中古車屋跡の更地でも、地質調査らしき作業が行われています。前にコメントで情報提供を頂きましたが、ウェディング施設の建設らしいです。




本題に入ります。

場所は鎌倉街道沿いの曙町です。
地元の方ならご存知でしょうが、福富町と並ぶ風俗店舗の乱立地帯であるます。

その曙町に長らく駐車場であった敷地に商業施設を建設するらしいです。


ホームセンターでは小さいし、ドンキーでは大きいし、どんな商業施設ができるか想像もできません。

マルエツとかだったら笑っちゃいますが。


やっぱ家電系かな?この近辺って関内駅近くに石丸電気しかなかったような?

「♪いしまる~いしまる~電気のことなら石丸電気、石丸電気はあきはば~ら!でっかいぞ!」
のCMが懐かしいです(笑)
スポンサーサイト

コメント

§

プロ野球も然り、どんなスポーツもそうだと思うのですが、親会社がチームと同じ地域に本社を構えて、地域、親会社、チームなどが一体感を熟成することが大事だと思うのですね。これはどんな地域でも事業でも同じなんじゃないかなって思いますね。チーム成績に関わらず安定経営に繋げる鍵なんじゃないかなって思います。

横浜ベイスターズのファン層の厚みだって、われわれが考えてる以上に、じつはぶ厚いんじゃなかなって思うんですね。

プロ野球も従来のように企業の広告塔から独立経営や地域密着に軸足が進んできていますから、横浜ベイスターズの親会社がどこであれ、「横浜」っていう大舞台で一体になって密着してくれることを望みたいですね。


そういえば関外の商業施設ももっと盛んになってもいいですね。もっと高層大型建築が関外にも立地してほしいものです。もともと横浜開港以来の伝統がある関外エリアなんですし、エリア全体の商業力はまだまだ横浜でもっとも厚みがあるはずですよね。歌、劇、映像、踊り、パフォーマンス、芸術、スタジオ、アトリエ、画廊など、分化を発信する潜在力が絶対あるとおもいます。人間味がもっともある街なんですから、もっと開放感と先取性をもってマチの発展を進めてもいいと思いますね。

§

ニックさん、仰る通り球団経営は地元企業で行うのが理想ですね。しかし横浜の欠点として、地元企業への愛着が低く感じます。企業は横浜に本社を置き地元に対し様々なイベントや文化交流に貢献してもらい、市民はその企業を消費の観点で応援する。それで初めてWinWinの関係が成立します。
まず我々市民が地元企業を認識し応援することを初めてなくてはと考えます。
関外地区は大通りや大岡川周辺を中心に、少しずつではありますが芸術、文化を発信すべく若者が集まりつつあるのかな?と思っています。

§

昔から横浜に住む人はよく知っているはずなんですが、横浜には世界をリーディングする自動車産業、プラント産業、バネ、ヘルスプロダクト、食品、ソフトウエア、半導体商社、鉄道などそうそうたる企業の本社がありますから、けっこう重厚な企業都市でもあるはずなんですよね。みなさん、とかく世界の東京都心と比べるので、なにか見過ごされがちなんですが、けっこうな地力がある都市だと思います。なんだかんだ言われても横浜都心は港と企業による経済都心でもあるし、観光としては日本屈指の磁力をもって人々を惹きつけているのは紛れもないことだと思います。

プロ野球球団の運営も従来のような筆頭株主企業による経営から、個人、法人など、地域社会の幅広い裾野から出資を受けられるような仕組みになるといいんじゃなあと思ったり。そうすると地域の関心も高まると思うのですね。ファンにとってはいつ何時どこかに移転してしまうんではないかといった余計な不安が取り除かれますしね。新規にチームを発足させたい実業家には新規参入障壁が低いことも大事になるんじゃないかな。

アメリカ大リーグはどんどん新チームが生まれて30チームあり、ナショナルリーグとアメリカンリーグそれぞれ西地区、中部地区、東地区に分かれて事実上ペナントレースは6リーグあるようなもの。独立採算制ですから、オーナーはチーム保有による地元名士としての名声と配当収入が目的でしょうし、会社の広告機能を直接目的としたものではないですよね。企業ブランドのイメージ浸透を狙ったとしてもたいへんソフトであると思います。所在地を表す地域名とチーム名というシンプルでしっくりくる名称が主で、企業名を入れてるチームは見当たりませんね。メジャーとマイナーリーグ合わせた観客動員が1億人を超えるほど人気を博すのも、このような地域密着と独立経営を基本としているからかもしれませんね。

横浜ベイスターズがますます横浜と一体になって地域とともに成長してくれることを願ってやみません。

§

ニックさん、私も同感です。親会社たるものフランチャイズの地元に根付きスポーツを通じ地域の活性化を図り市民は地元チームを全力で応募する。
これがスポーツ事業を成功に導くポイントだと思います。
関外地区は本当の横浜の香りがします。特に大岡川沿いですかね。

§ 美しさの裏で。

初めまして。トップペ-ジの海。美しいですね。。
曙町商業施設新築工事。で検索中にたどりつきました。
この開発で発生する建設残土。どこで処分するかご存知ですか。
この海の写真のように手つかずの美しさをたもっている
千葉県館山市坂田(ばんだ)の海辺山です。
残土埋め立て処分場工事。市長は、地元民の総意は事業賛成。
といことで許可しましたが、地元神社神官は地鎮祭を拒否。
それでも山崩し工事を強行したため、今、館山市長は、漁民、氏子衆から
訴えられて被告市長となっています。大元をたどると横浜のゴミ土。と判明。
海を越えてやってくる横浜ナンバ-の車に怒りを抱く若者も出始めています。
こういう現実も感じてほしくてお便りさせて頂きました。
浜っ子のみんなにも、自分たちのとこででたものは自分たちのとこで。
広げていってほしいです。お読みいただきありがとうございます。

§

館山民さん、コメントありがとうございます。
全然知りませんでしたね~ 情報ありがとうございます。 横浜市では南本牧ふ頭と言う巨大埋め立て工事を行っていながら他県に迷惑を掛ける行為は頂けませんね。
しかし残土の処理は工事を請けたゼネコン(鹿島建設)の采配によるものですから市も中々強くは言えないのかも知れませんね。
因みに余談ですが、私の知り合いの会社が館山での老人ホームの建設を行っています。何でも地元業者で請けれる会社が無かったらしく無理栗頼まれて行っています。
全ての横浜ナンバーを悪く見ないでくださいね(笑)

§ 情報

こちらこそありがとうございます。無理やり。って、受ける方はたまったものではありません。選べる立場と力をもっているのなら、いやだったら受けなければいいことですよね。仕事の場合は、受けたなら言い訳は通用しません。一途な攘夷的な若者たちには、良心的なハマッ子さんからの意見として伝えておきます。怒りを向ける相手は、たった1人。どさくさまぎれに降りかけようとする火の粉の元の責任者だと。

§

館山民さん、ご返事ご理解ありがとうございます。最近地方自治首長さん暴走が目立ちます。
街の行く先を左右しかねない政策には、時間を掛け市民に説明し合意を取り付けると言う行為が欠如していると感じる今日この頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taska

Author:taska
高層ビル、開発、客船、夜景、写真、飲み会、犬が好きです。
知り合いからの話し他、噂話し程度の情報等も妄想を加え記事にします。
開発進捗等は、基本的に携帯からのアップロードで記事を掲載します。
誤字脱字、駄文での文章が多数のブログですがご容赦を(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。