スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海大相模おめでとう!





今日は晴れです。

大震災直後に開催さるた春のセンバツ高校野球で、神奈川代表の東海大相模が優勝しました。

横浜市民て普段は「横浜市民です!」と言い、神奈川県の「かの字」も言わないのに、都合の言い時は「神奈川県民です!」と言います・・・私は(笑)
東海大相模高校は相模原市にありますが、座間市との市境にあり、正門前の2車線道路の先は座間市です。

私個人的には東海大相模が前回優勝した2000年に、東海大相模高校の体育館の新築工事に携わったこともありまして、それ以来応援していました。


何をやってもつまらないし、希望がもてなく感じていた最近でしたので、少しだけ楽しめた感じがします。

こんなこと被災地の方の前では言えませんがね。
被災者は私達の何十倍も苦しんでいますから・・・・



ところで、今現在は福島原発の影響で東京を脱出する企業がちらほらと出てますが、仮に原発問題が解決したとして後の企業動向はどうなんですかね?
そう簡単には首都圏巨大マーケットを捨てれるはずはありませんし、かと言ってそのまま東京に戻るかな?
交通マヒや水パニックを経験した人達はリスク回避の観点から「横浜」と言う選択は出ませんかね?
横浜って東京に近いけど全然東京じゃないんですよね~
水で問題になった水源も横浜は山梨県道志村だし。


これからの都市のあり方は、市、都県ではなく「圏」だと思います。
全てのものを23区に集め、全ての道を日本橋に集めるなどの明治の考えかたはダメです。
あくまでも千代田区、中央区、港区が圏の都心部であり、池袋、新宿、渋谷、横浜、大宮、幕張が都心部に準ずる力を持ち、圏で発展をする、としないと災害時のリスク回避は出来ませんね。
とは言っても首都圏以外の方からすれば東京も横浜も一緒だろ!と叱られそうですが・・・・
たかが30キロされど30キロです。関東大震災での埼玉の被害は横浜東京程まで酷くありませんでしたし、阪神淡路大震災でも大阪の被害は微々たるものでした。
全然違います。

それをしていかないと圏単位のグローバル競争も勝てないと思います。



と、まぁ都合の良い妄想をぶちまけました(笑)



※下2枚の写真は昨日のセキチューからの写真です。


スポンサーサイト

コメント

§

災害時のリスク分散や都区部への過度の業務集中を緩和する目的で、首都圏の拠点は業務核都市が指定されて、横浜都心もそのなかにはいっていますね。しかし国政での盛り上がりにかけるのと、横浜としても首都圏で重要な地位を占めて日本経済の発展に貢献するという意志発信が消極的だったといえます。横浜の最大の弱点は企業立地数が見事に少ないことですから、企業立地数や市内雇用を増やし、出来る限り決裁権限をもつ本社機能を誘導して横浜の地域経済への波及効果を高めることが実に重要なのですが、まだまだ力不足ですね。政治家もこういう部分を自分の事として行動したり達成度の自他評価している人はまだまだ少ないようです。行政の成果指標でもあるはずですね。

東北地方は震災で復興まで時間がかかります。東北企業を支える為に、横浜市内のオフィスを使っていただけるような支援や誘致も行うべきでしょう。東京都内立地の企業も平時でさえ移転を考える企業は多いのですから、需要を逃さず、横浜に是非本社移転頂けるような万全の組織作りやワンストップ対応を進めないといけませんね。横浜市と神奈川県が一体となって双方の助成や扶余が県市どちらに問い合わせてもワンストップでできる協業体制をつくりあげるべきでしょう。

§

ごんくんさん適切な意見に同意します。
どうも横浜は何をするにも遅く感じてしまいます。東京には勝てないものと諦めているのか?
頑張っているのにダメなのかは知りませんが。

今回の東日本大震災でも、横浜の動きがどうも鈍く感じて仕方ありません。
上位政令指定都市として模範的な支援活動を願うばかりです。

§

この数年の横浜は保育園増設との待機児童解消がメインになりすぎてしまった感があります。かつてのような横浜なりの渋さやとっぽさが懐かしいものです。昔は住むだけ、居るだけで、クールに感じたものです。開港以来の先取性や都市文化は失ってほしくないものです。

さて、人類にとって最大の福祉は「働く場所や機会があって所得がえられて独立自営して自由に生活できること」と「自然災害や交通災害から開放されて安心して住めること」だと思います。

そのためには企業集積は市政最大の課題であるとおもいます。市民雇用、市民所得、市内税収、周辺経済への波及、昼夜間人口比改善、企業集積が企業をさらに呼ぶ集積波及、経済拡大による芸術や文化の開花、芸術家、文化人、学者の集積など多くの効果を生みます。

もうひとつ、都市計画です。つまり再開発のような区画整理、区画まとめた拡幅、ブツブツ切れた生活道路をつなげ拡げる都市計画道路、電線水道ガスを共同埋設する共同構整備、明るい街路灯、鉄道の立体交差や、プラットホームのホームドア、太陽光や風力を利用した予備発電、緑地帯の設置などでしょう。疲弊した老朽密集市街地を再開発することなど、すべてにおいてすごく意味があることであるとおもいます。都市計画を疎かにすると、自然災害や交通災害に対してとても脆弱な都市にしてしまいます。

§

ハマさん、同意です。
仰る通り昔の横浜は近代国家の発祥地としての先進性やチャレンジ精神、独自性があったように感じます。
行政の政策順位も同意ですね。まずは雇用(市域内)がなければ何もはじまりません。企業誘致は最優先課題です。
ぶつ切り開発も根本的に発注の仕組みを変えないといけませんね。
同時期に均等に多くの人達が職に(公共事業)ありつけるように、本来なら1年で終る工事も3年を掛け、単年に掛かる予算を3/1にし1年で多くの工事を発注し多くの職を提供している構造改革が必至です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taska

Author:taska
高層ビル、開発、客船、夜景、写真、飲み会、犬が好きです。
知り合いからの話し他、噂話し程度の情報等も妄想を加え記事にします。
開発進捗等は、基本的に携帯からのアップロードで記事を掲載します。
誤字脱字、駄文での文章が多数のブログですがご容赦を(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。