スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜の拠点性

またまた雑学です。

スーパーアメニティ都市“横浜”の虚像と実像 地域開発ニュース安田 八十五 
の中から抜粋。

   
 飛鳥田市政以来、細郷市政、そして現在の高秀市政とつづく横浜市が行政全体としてめざし、取り組んできたのが、このいびつな都市構造を直し、人口300万人にふさわしい巨大都市としての自立性をつくりだすことであった。現在では、横浜の新しいシンボルになったベイブリッヂはもともと飛鳥田市政の6大事業の1つとして計画されていたものである。ベイブリッヂは本来、港湾機能を強化すべく、本牧埠頭と大黒埠頭をつなぐコンテナトラック用の横断橋として構想されたが、その後、首都高速網の一つである東京湾岸道路の一部として位置づけられた。

 現在、横浜市の最大事業として取り組まれている『みなとみらい21(MM21)』は、もともと6大事業の1つの都市部強化事業として計画されたものである。90を切っている昼夜間人口比を100にするためには、38万人の雇用人口を生み出す必要があり、その半分の19万の雇用人口をMM21地区に呼びこもうという計画である。(MM21の雇用人口目標である19万人がこのような算術からはじき出されたことを知っている人は意外と少ないのではなかろうか。)



しかし横浜市としては100%以上の回復は不可能に感じます。
横浜は二つの要素を持ち合わした特殊大都市とでも、名乗るしかありませんね(笑)
因みに区別では、西区=198% 中区=182% で、最低が栄・泉=73% 青葉・港南=75%です。

横浜区部昼夜人口比

スポンサーサイト

人口移動

記事がないので、また雑学です。


神奈川県内の人口移動に関するデータです。
この表は地域別の県外への通勤・通学数を表したものです。
横浜・川崎北部の殆どが県外(東京)移動しているのがよくわかります。
因みに県内の市レベルの昼夜の人口比で100%を維持してる市は厚木と平塚市ぐらいだと思われます。
あと下の表で見えてくるのは、三浦半島地域は県外移動は少ないのに昼夜人口比は80%程度なので、横浜のベットタウンであることを示しています。



gvkh.jpg



hcghcvjftiyf.jpg

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

横浜駅の鉄道事業体数

20080729114621
雑誌で見かけた雑学です。

なんでも横浜駅に乗り入れる、鉄道事業体数は新宿駅と、同数一位らしいです。

以上どうでもよい話しでした。

シンクロン・OD・TOC

20080728191854
20080728191853
20080728191851
シンクロン本社は殆どの外部足場が外され、全貌が現れました。
近くで見るとイメージよりはシッカリしてると言うか、存在感があります。

ODは施工会社は準大手ゼネコンの長谷工コーポレーションですが、実はこの会社はマンションをメインと言うかマンションしか出来ないと言っても過言でない会社なのです。
マンション不動産ミニバブルが完全崩壊した今、生き残りをかけた勝負に出ている感じです。

しかし何十年もマンション専門できた会社がいきなり高速オフィスビルが出来るか疑問です。
この会社はスーパーゼネコン(鹿島・大成・清水・大林・竹中)よりも利益額(年間)が高く財力はありそうだから赤字を出しても大丈夫そうだが。

まあ暖かく見守りましょう。

今日の日産本社

20080726100636
最上層階外壁材の設置作業が行われています。

相鉄―JR直通説明会

20080726095841
2015年の開通を目指す、相鉄―JRの直通運転に関する説明会が行われました。

私自身は、唯一関東大手私鉄で、東京に乗り入れせず頑張っていただけに、嬉しさは半分ですね。

横浜駅は、東口の新規オフィス群や西口大改造が行われれば、衰退の心配はないと思います。

相鉄沿線のブランド価値が高まり、沿線住民が増え、相鉄の売上げが延び、利益で更なる横浜開発を推し進める。
こんな上手くいけば良いですがね~

小田急との摩擦がおきなければよいですがね。昔、東急が子会社であった小田急を使い、相鉄を買収しようとした経緯の歴史上、小田急は相鉄の大株主であったはず。

記憶なので間違えてたらごめんなさい。

新横浜アントラクト

20080726093429
9月3日、新横浜のラー博前に「新横浜アントラクト」がオープンします。
「滝」などが設置された、カフェ・レストラン・サロンの複合施設です。

この施設の開業により、ラー博との一体的な集客力強化が図れればと思います。

さようなら松坂屋

20080726092417
さようなら松坂屋の閉店セールが行われています。

この建物は大正10年設計、昭和9年と12年に増築されているそうです。

伊勢佐木町からの名門撤退はいろんな意味で大きな問題だと思います。

伊勢佐木町の集客力は今だ、地方都市並の力はあると思うので後は格となる店舗にブランドイメージが備われば衰退は裂けられると思います。

元町みたいな独自路線を生み出せればな~

今日のテーオーシー

20080724134635
鉄骨の組立ての2節目?が組終りました(多分)

大塚ビルその後

20080723150512
横浜駅東口のコンカード手前で解体工事が行われている大塚ビルですが、隣の太陽生命ビル? の解体の計画もあるみたく、一体に開発される可能性もあるらしいです。

結論から言うと、まだゼネコンサイドにも情報は上がっていません。

業界飲み会での話しです。

ポートサイド地区のマンション

20080717180817
ポートサイド地区のマンションもだいぶ上がってきました。

新横浜駅前

20080716151033
今日の新横浜駅前です。

豪華客船次々帰港

20080715093606
4月に横浜港を出港した豪華客船のぱしふぃっくびいなす・飛鳥Ⅱ・にっぽん丸が次々と横浜港に帰港します。

昨日のテーオーシー

20080711123819
20080711123818
20080711123816
20080711123813
桜木町駅のホームから撮ってみました。
だいぶ高くなってきましたね。

よこはまコスモワールドの跡地

横浜市は2009年3月末に一部を閉鎖するみなとみらい(MM)21地区の遊園地「よこはまコスモワールド」の跡地の再整備計画を見直す。当初は緑地公園として整備する方針だったが、すでに周辺に緑地は整っていると判断。新たに飲食店街などを軸とした集客施設群を再開発する。2009年度までに新基本計画をまとめ11年度末までの完成を目指す。

 計画見直しにより、同地区の再整備工事は当初の予定より1年程度遅れることになる。

 対象はMM21地区の23街区。横浜市が進める「日本丸メモリアルパーク」整備計画の第2期整備地区に当たる。第1期整備地区は横浜マリタイムミュージアムの名称を「横浜みなと博物館」に変え、同博物館と帆船日本丸を核とする文化施設として、開港150周年の09年に再開業することが決まっている。

 第2期整備地区の面積は約1.5ヘクタール。現在は泉陽興業(大阪市)が横浜市から土地を借りて遊園地を運営している。市との土地貸借契約が来年3月末で切れるのに伴い、同社は遊園地を閉鎖して市に土地を返還する

今日のダイヤビル

20080705220046
20080705220045

今日のテーオーシー

20080705164534
20080705164532
紅葉坂から見たら、正しく壁になりますね。

今日の日産

20080703174844
どうやら塔屋の建て方を行っていますね。
プロフィール

taska

Author:taska
高層ビル、開発、客船、夜景、写真、飲み会、犬が好きです。
知り合いからの話し他、噂話し程度の情報等も妄想を加え記事にします。
開発進捗等は、基本的に携帯からのアップロードで記事を掲載します。
誤字脱字、駄文での文章が多数のブログですがご容赦を(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。